2017 S1000RRレーサーへの道のり

2017.10.04 Wednesday

0

    皆様。こんにちは(^^)

    さいたまの変態工具マニアことサービス高橋直樹でございます\(^o^)/

     

    先日、通勤の時にかなり焦った事件が起こりました💦

    その日の前日にちょっと飲み会がありましてね🍻

    まぁ帰りが深夜になったわけですよヒック…(///o///)。。oO

     

    翌日は通常通り出勤ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

     

    当然如く電車の中で居眠り(-_-)zzz

     

    目を開ける(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

     

    私くらいのレベルになるとですね〜

    目を開けた瞬間に寝過ごしたかどうか瞬時にわかるわけですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

     

    赤羽駅に行っちゃったくらい想定の範囲内なわけですw

     

    そんな感じで案内板を見ると…

     

    まもなく池袋(⊙ω⊙;;)

     

     

    想定の範囲外(´×ω×`)

     

    全速力で乗り換え検索(゚Д゚;≡;゚Д゚)ヤベー

    埼京線で武蔵浦和駅へ武蔵野線接続ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

    ヤバイ∑(゚Д゚)

    既に電車が来ている!(◎_◎;)

    私の両足はトップギヤへε≡≡ε≡≡ε≡≡ヘ( ´Д`)ノシフトアシストProホスィ

     

    ギリギリセーフ‼

    ※駆け込み乗車はお止め下さいm(_ _)m

     

    ドアの方へ振り返り〜

     

    まさかの逆路線/(^o^)\オワタ

     

    そして…「諦めろ‼」と言わんばかりにドア閉鎖………

     

    神降臨(゚∀゚)オォ!

     

    再びドアが開いた‼

     

    何か挟まったんでしょうねwww

     

    刹那Σ(-᷅_-᷄๑)

     

    ホームへダイブε===(ノ*´Д`)ノ

     

    ※飛び降り下車はお止め下さいm(_ _)m

     

    そんなこんなで無事遅刻せずに出勤できました\(^o^)/メデタシメデタシ

    いやぁ、諦めなくて良かった(^^;;

    諦めたらソコで試合終了ですよね⁉安西先生www

     

     

    そんなファッキン遅刻未遂野郎の与太話はさておき本題ですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

     

     

    前回でフロントカウルの改修が終わったので〜

    次に行きます(^^)

     

     

    まずはガソリン用のキャッチタンクを取り付け〜

    出場されるレースによっても変わってきますが、ほとんどのレースで必要ではないでしょうか?

    このお客様の場合は250cc以上のタンクとノンリターンバルブ(1wayバルブ)を取り付けています(^o^)

     

     

    写真の撮り方下手すぎですね💧

    取り付けステーは切り出し製作、タイラップとホースで各部のクリアランスを確保できるように工夫しています(^-^)v

     

      

     

    次にエキゾーストフラップモーターですね〜

    既にフルエキに変わってますので、本来なら取り外したいのですが…無理そうなんですね(ToT)

    なのでケーブルだけ外します。

     

    何故かと申しますと〜

     

     

    「ENGINE!」という警告灯が表示されてしまう可能性があるからです(~_~;)

     

    いやぁ〜

    この表示には参りました(^_^;)

     

    何せ2015-2016年式には、この警告表示は出なかったですからね。

    初めてこの表示をお客様からご相談いただいた時はかなり焦りました(゚Д゚;≡;゚Д゚)ナンダコリャ?

     

    このお客様のケースで結論から言えば「ENGINE!」警告表示が出ていても走行には問題ありませんでしたε-(´∀`*)ホッ

    ※あくまで今回のケースです‼表示された場合は必ず原因究明して下さい‼

     

    とは言え、この位置に警告表示が出てしまうと水温が見えなくなってしまいます。

    水温が見れないのは困るので、原因を探すことにしました。

     

    クドいようですが、ココで書く内容は私が経験した症状とその症状に対しての考えです。

    100%正解とは限りませんので予めご了承ください。

    私の書く内容に間違いなどがありましたらご指摘ください。

    ご指摘いただいた内容を再度検証させていただき、間違いと判断した場合には訂正させていただきます。

     

    結論から申し上げてしまいますが、今回発生した「ENGINE!」警告表示の原因としては以下のものでした。

     

    ・ラジエターファン

    ・フロント側エキゾーストフラップモーター

    ・リヤ側エキゾーストフラップモーター

    ・ラムダセンサー1

    ・ラムダセンサー2

    ※全て電源系統のディフェクトコードが起因するものと考えています。

     

    全て部品に対して検証したわけではありませんが、おそらくは上記5点の部品のうち1つでも取り外し、ディフェクトコードが検出されると「ENGINE!」警告表示が出現するものと予想しています。

    実際には下記2点の部品で「ENGINE!」警告表示の出現と消滅を確認しています。

     

    ・ラジエターファン

    ・リヤ側エキゾーストフラップモーター

    ※車両が一定の条件を満たした時に警告表示が出現する可能性あり。

     

    ユーロ4対応の一環なんでしょうね。

    触媒装置(排気ガス)や消音装置(マフラー) などの重要な装置に異常が出た場合に警告する機能と考えられます。

    ラジエターファンについてはご存知の通り、公道仕様においてはファンが動作しなければオーバーヒートしてエンジンを壊してしまう可能性が高いために警告するのだと思います。

     

    話が逸れた気がしますが、気にせず続けます( ̄ー ̄)ニヤリ

     

    次にですね〜

     

     

    マグネットセンサー式のラップタイマーを付けたり〜(マグネットセンサーは後ほど)

     

     

    ホーンスイッチでローンチコントロールやピットレーンリミッターを作動させる配線処理をして〜

     

     

    次回に続きまーす\(^o^)/

     

    2017 S1000RRレーサーへの道のり

    2017.09.20 Wednesday

    0

      皆様。こんにちは(^^)

      さいたまの変態工具マニアことサービス高橋直樹でございます\(^o^)/

       

      久々の投稿になってしまいました(^_^;)

      書こう書こうとは思っているのですが…

      携帯端末を変更したら、中々書くのが大変で……(;´д`)

      ようやくiPadを入手してセットアップが終わったのでブログを書ける環境が整った今日この頃です( ̄ー ̄)ニヤリ

       

      よっしゃ‼コレでストレスなくブログが書けるぜ(゚∀゚)ヒャッハー!!

       

      もうあることないこと書きまくります(*^^*)

       

      飛鳥山店のセールス時田のあ〜んな事や(゚∀゚)アヒャ!

       

      目黒店のセールス寒河江のこ〜んな事やヘ(゚∀゚ヘ)アヒャヒャ!!

       

      我が妻の愚痴とか悪口なんかも(゜∀。)キャッホウ!!!!

       

      ※注…書くと明日の朝日が拝めなくなるので書きませんよwww

       

       

       そんなしょ〜もない私の事情はさておき本題ですε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

       

       

      前回はアンダーカウルの処置とオイルクーラーガードの記事を書いたので〜

       

      今回はアッパーカウルから始めていきます(^^)

      とりあえず、アッパーカウルを取り外しまして〜

       

       

      取り付け箇所の増設〜

       

       

      左右1箇所ずつ開けました(*^^*)

      外したカウルが何故か車体に乗っかっているのは気にしないでください(^◇^;)

       

      さらに〜

       

       

      接触箇所を改修しました(^^)

       

      予想より削る部位は少なかったですね〜

      以前取り付けしたカウルよりも削る箇所少ないっす( ̄∇ ̄)

      かなりフィッティングは楽チンでした🎶

       

      ただ、今回のカウルの唯一の難点はですね……

       

      2ピース構造なのでアッパーカウルの脱着が面倒くさいっす(^_^;)

      ※個人的な感想です‼製造メーカー様を批判しているわけではございません。悪しからずご了承くださいませm(_ _)m

       

      とりあえず、今回はこの辺で〜

       

      次回に続きますε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

       

      サービス 高橋直樹

      S1000RRレーサーへの道のり

      2017.08.14 Monday

      0

        皆様。こんにちは。

         

        さいたまの変態工具マニアことサービス高橋直樹でございます\(^o^)/

         

         

        さてさて今回はですね〜( ̄ー ̄)ニヤリ

         

         

        S1000RRをレーサーとして仕上げます\(^o^)/

        既にオーナー様がカウルとマフラーを取り付けてからのご入庫なので外観はしっかりレーサーですね(*^^*)

         

        お客様から納期のご指定も頂いているので早速作業開始ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

         

        まずは〜

         

        カウルの改修〜

         

         

        後ろの取り付け部のマウント方式変更

        (前回の入庫時にボルトで締めようとしたら割れそうになりましたorz)

         

         

         

        接触部位の改修を考えまして〜

         

        それから〜

         

         

        前回製作したオイルクーラーガードを取り付け❢❢

         

        オイルクーラーとアンダーカウルも接触しており、このままだとおそらくオイルクーラーガードが付かないので〜

         

         

        マーキングして〜

         

        ベルトサンダーでシュイーン❢❢

         

        サンドペーパーでガリガリガリガリ(;´Д`)アチー

         

         

        こんな感じ(`・ω・´)ガンバッタ❢❢

         

        他の案件で時間を取られてしまったので、今回はここまででございますm(_ _)m

         

         

         

        次回へ続きますε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

        1